HOME国内旅行観光列車のと里山里海号で行く 奥能登国際芸術祭2017〜呼ばれ風ご膳と秋祭り〜 【日帰り】
基本情報 添乗員
  観光列車のと里山里海号で行く 奥能登国際芸術祭2017〜呼ばれ風ご膳と秋祭り〜 【日帰り】  D4AH05
奥能登国際芸術祭、奥能登・石川県珠洲市を舞台に開催!!
奥能登国際芸術祭は能登半島の先端に位置する、周囲を日本海に囲まれた農山漁村、石川県珠洲市を舞台に、その土地・生活・人々の魅力を再発見するアーティスト達が参加し、珠洲の人、地域外からのサポーターを含め大勢でつくりあげる。
呼ばれ風ご膳とは
朱塗りのご膳で頂く旬菜(米は輪島金蔵地区の農家から取り寄せ、岩のりや能登の天然塩を使った手作り料理をお楽しみください)

代金
大人  9,800円
中人  8,600円  (高校生)
こども 8,100円

出発
2017年09月10日(日)、2017年09月15日(金)、2017年09月24日(日)、2017年10月07日(土)

行き先
金沢駅西口(7:30発)―高松SA(8:10)―七尾駅=<のと里山里海号>=穴水駅(立山連峰の絶景)―古民家レストラン典座(呼ばれ風ご膳の昼食・珠洲焼自宅工房)――【奥能登国際芸術祭鑑賞(各テーマにあわせて見学※出発日により異なります。下記参照)】―高松SA(17:20〜19:50頃)―金沢駅西口(18:00〜20:30頃着)

☆9/10出発(作品テーマ:山々の日本海の景色など里山里海を感じる)
大谷獅子舞い(庭入り)と高倉彦神社―旧黒丸小学校・笹波口(中瀬康志、アレクサンドル・コンスタンチーノフ作品等鑑賞)
※金沢着19:30頃
☆9/15出発(作品テーマ:のと鉄道旧駅舎や古民家・映画館かつての生活を感じる)
旧飯田駅・あいあいパーク(河口龍夫、鴻池朋子作品等鑑賞)―須珠八幡宮の奴振りと鵜島の曳山
※金沢着18:00頃
☆9/24出発(作品テーマ:主に海外アーティストの作品を楽しむ)
旧蛸島駅・小泊保育所(トピアス・レーベルガー、エコ・ヌグロホ作品等鑑賞)―野々江の子供太鼓
※金沢着18:30頃
☆10/7出発(作品テーマ:内浦と外浦の海を感じ、体験型作品を楽しむ)
木ノ浦海岸・本江寺の倉庫(アローラ&カルサディージャ、角文平作品等鑑賞)―飯田風の盆(乗光寺)
※金沢着 20:30頃


食事条件:昼食付(のと呼ばれ風御膳)
利用予定バス会社:北陸交通もしくは、なるわ交通、オリエンタル、丸一観光
※バスガイドは乗務しません。

食事
【写真】奥能登国際芸術祭、のと鉄道(イメージ)
【最少催行人員:25名】



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 





ご予約はこちら

資料請求はこちら