HOME国内旅行奥能登国際芸術祭2017と「肝っ玉おっ母と子供たち」A席鑑賞の旅〜映画ゆかりの地〜 【日帰り】
基本情報 添乗員
  奥能登国際芸術祭2017と「肝っ玉おっ母と子供たち」A席鑑賞の旅〜映画ゆかりの地〜 【日帰り】  D4AB82
仲代達也が偉大なる反戦劇に再び挑む!「肝っ玉おっ母と子供たち」
約4年ぶりのロングラン公演。ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトが書いた反戦劇で、無名塾では1988年以来、2度目の公演となります。今回の公演で仲代達矢は母親役を演じ、戦争を糧に生活している人たちを見て、戦争とはなんてむごいものなのかを訴える反戦劇となっています。市民によるエキストラが迫力ある舞台に花を添える、能登演劇堂でしか味わえない4年に一度の感動の劇世界をお楽しみください。

代金
大人  17,800円
中人  16,400円  (高校生)
こども 16,100円

出発
2017年10月19日(木)

行き先
金沢駅金沢港口(8:00発)―高松SA(8:40)―<千里浜なぎさドライブウエー>―奥能登国際芸術祭(旧小泊小学校「能登の花嫁」オンゴーイング・コレクティブの作品や旧映画館(作品テーマ:のと鉄道旧駅舎や古民家・映画館などかつての生活が感じられる作品を鑑賞)―ゲンキ食堂(タニタ食堂監修の昼食)―能登演劇堂ロングラン公演【肝っ玉おっ母と子供たち】――高松SA(18:50頃)―金沢駅金沢港口(19:30頃着)

食事条件:昼食付(タニタ食堂監修の昼食)
利用予定バス会社:北陸交通もしくは、なるわ交通、オリエンタル、丸一観光
※バスガイドは乗務しません。


食事
【写真】 肝っ玉おっ母と子供たち、奥能登国際芸術祭(イメージ)
【最少催行人員:25名】



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 





ご予約はこちら

資料請求はこちら