HOME国内旅行≪歌舞伎≫ 吉例顔見世興行東西合同大歌舞伎(昼夜2回1等席鑑賞) 【1泊2日】
基本情報 添乗員
  ≪歌舞伎≫ 吉例顔見世興行東西合同大歌舞伎(昼夜2回1等席鑑賞) 【1泊2日】  D5AH12
京の年中行事 當る戌歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎「八代目中村芝翫襲名披露」
南座の顔見世興行は、京の師走の風物詩として時代を超えて愛されてきました。この歌舞伎の豪華祭典が、平成28(2016)年1月にリニューアルオープンしたロームシアター京都(京都会館)に、会場を移して開催されます。江戸時代から連綿と続く南座の顔見世の歴史と伝統を次代へ継承発展させるとともに、今年ならではの舞台をお楽しみいただきます。
【夜の部演目】
第一 良(ろう)弁(べん)杉(すぎ)由来(ゆらい)  第二 俄(にわか)獅子(じし)
第三 人情噺文七(にんじょうばなしぶんしち)元結(もっとい) 劇中にて襲名口上申し上げ候
第四 大江山酒吞(おおえやましゅてん)童子(どうじ)
【昼の部演目】
第一 壽(ことぶき)曽我(そがの)対面(たいめん) 劇中にて襲名口上申し上げ候
第二 義経(よしつね)千本(せんぼん)桜(ざくら)  
第三 二人(ににん)椀久(わんきゅう)
主な出演:八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助(襲名披露) 四代目中村歌之助

代金
おひとりさま 79,800円  (2〜3名1室利用時)

おひとり部屋ご利用の場合12,000円高

出発
2017年12月04日(月)

行き先
第1日目:
金沢駅西口(8:00発)―徳光SA(8:15)―小松(8:30)―尼御前SA(9:00)―――もみじの永観堂―ホテル(小休憩)―ロームシアター京都「吉例顔見世興行東西合同大歌舞伎(夜の部)」※ご夕食はお席で京風幕の内弁当をお召しあがりください。(15:00開場 16:00開演/20:30頃終演予定)―京都駅 ホテルグランヴィア京都(泊)

第2日目:
ホテル―ロームシアター京都「吉例顔見世興行合同大歌舞伎(昼の部)」(10:00開場 11:00開演/13:10頃終演予定)―浮船(湯豆腐御膳の昼食)―井筒八つ橋本舗【ショッピング】―――尼御前SA(19:00頃)―小松(19:30頃)―徳光SA(19:45頃)―金沢駅西口(20:00頃着)

宿泊予定施設:京都駅 ホテルグランヴィア京都
食事条件:@昼(弁当)・夕(弁当) A朝・昼食
利用予定バス会社:北陸交通もしくは、なるわ交通、オリエンタル、丸一観光
※バスガイドは乗務しません。


食事
【写真】顔見世興行(イメージ)
【最少催行人員:25名】



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 



ご予約はこちら

資料請求はこちら