HOME国内旅行<京都南座新開場記念>「都をどり」一等席鑑賞〜京料理「美濃吉」のご昼食〜【日帰り】
基本情報 添乗員
  <京都南座新開場記念>「都をどり」一等席鑑賞〜京料理「美濃吉」のご昼食〜【日帰り】  D5AZQ7
京都に春を告げる風物詩「都をどり」は、京都最大の花街・祇園甲部の芸妓・舞妓による舞踊公演。開催期間は4月1日から約1ヵ月。名高い「ヨーイヤサー」の掛け声とともに銀襖の前の総をどりで幕を開け、爛漫の春、夏、錦秋の秋、深雪の冬、そして再びの春の花見で幕を閉じる華やかな舞台は、明治5年の創始からの伝統です。会場は祇園甲部歌舞練場を本拠地としていましたが、現在は耐震改修のため休館となり、舞台を移して開催しています。南座公演は1952年以来、67年ぶり。本拠地の祇園甲部歌舞練場にほど近く、戦後の復活公演を開催したゆかりの地です。日本最古の劇場「南座」は一足先に耐震改修を終え、平成30年11月に新開場。生まれ変わった南座が迎える初めての春を華やかに彩る、平成を締めくくる都をどりにご期待ください。

代金
おひとりさま 16,800円  (※大人・こども同額)

出発
2019年04月12日(金)、2019年04月19日(金)、2019年04月26日(金)

行き先
金沢駅西口(7:20)---徳光PA(7:40)---小松グリーンホテル前(8:00)---尼御前SA(8:15)----------京都東IC-----「京懐石美濃吉」(昼食)-----京つけもの「西利」-----京都南座新開場記念<都をどり・一等席鑑賞>(14:30開演/15:30頃終演予定)-----京都東IC----------尼御前SA(19:05頃)---小松(19:20頃)---徳光PA(19:40頃)---金沢駅西口(20:00頃)

<食事条件>昼食付(「京懐石 美濃吉」にて京弁当)
<利用予定バス会社>北陸交通、なるわ交通、オリエンタル、丸一観光
※バスガイドは乗務しません。
<募集人員>各40名
<最少催行人員>各25名

食事
【写真】都をどり(イメージ)
【写真】美濃吉・昼食(イメージ)



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 





ご予約はこちら

資料請求はこちら