HOME国内旅行≪京の冬の旅≫〜京都にみる日本の絵画〜 生誕480年記念 長谷川等伯と狩野山楽の世界
基本情報 添乗員
  ≪京の冬の旅≫〜京都にみる日本の絵画〜 生誕480年記念 長谷川等伯と狩野山楽の世界  D5AZQ8
今年の「京の冬の旅」のテーマは「京都にみる日本の絵画〜近代から現代」。
今回のツアーでは能登国七尾から上洛し、千利休や豊臣秀吉らに重用された「長谷川等伯」と、そのライバルともいうべき狩野派巨匠・永徳の画風を継いだ「狩野山楽」の作品をご覧いただきます。

◆妙心寺 天球院(みょうしんじ てんきゅういん)
狩野山楽と山雪筆の金碧障壁画「竹虎図」「梅に遊禽図」(いずれも重要文化財・高精細複製品)の他、水墨画も公開されます。

◆智積院(ちしゃくいん)
真言宗智山派の総本山。収蔵庫には、長谷川等伯とその子・久蔵が描いた、桃山時代を代表する絢爛たる国宝の障壁画が残ります。かつて祥雲寺の客殿を飾っていたもので、日本の桜を大胆な構図で描いた「桜図」は久蔵25歳の時の作。「楓図」は若くして世を去った久蔵を悼み、55歳の等伯が人生無常の感を振り切り、生命力を画面一杯に傾けて描いたといわれる傑作です。
 ※2月28日(木)までは、京都画壇の巨匠・堂本印象が金地に豊かな色彩で描いた「婦女喫茶図」「松桜柳の図」など、色鮮やかな障壁画が特別公開されます。


 

代金
大人  14,600円 〜 14,800円
こども 13,300円 〜 13,500円

出発
2019年02月23日(土)、2019年02月26日(火)、2019年03月03日(日)、2019年03月07日(木)、2019年03月09日(土)、2019年03月16日(土)

行き先
金沢駅西口(7:20)徳光PA(7:40)小松IC近くグリーンホテル前(8:00)―昼食:花ごころ(竹かご弁当湯豆腐付き)―妙心寺・天球院―智積院―井筒八ッ橋本舗(お買い物)―小松IC近くグリーンホテル前(20:20頃)徳光PA(20:40頃)金沢駅西口(21:00頃)
   

【食事条件】昼食付(竹かご弁当 湯豆腐付き)

【利用予定バス会社】北陸交通、なるわ交通、オリエンタル、丸一観光

※バスガイドは乗務しません。

<募集人員>各40名
<最少催行人員>各25名



食事
【写真・イメージ】
@妙心寺天球院「梅に遊禽図(ゆうきんず)」
A智積院「松桜柳の図」    



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 





ご予約はこちら

資料請求はこちら