HOME海外旅行〜祈りの国・ミャンマー周遊6日間〜【小松空港発着】
基本情報 添乗員
  〜祈りの国・ミャンマー周遊6日間〜【小松空港発着】  IC0MYA
仏教国でもあるミャンマーは信仰の厚さを象徴するパゴダ(仏塔)がこの国の見どころです。ヤンゴンは経済開放策を背景に急速に発展している湾岸都市です。歴史を感じる建造物と最新のビル群が混然し独特のムードを醸し出してます。世界三大仏教遺跡のひとつバガン。ビルマ王国最後の王朝があった街で隆盛ぶりが色濃く残るマンダレーなど、のどかな自然、独特の文化や遺跡が点在するミャンマーへ訪れてみませんか。

代金
大人  198,000円 〜 248,000円  (※燃油サーチャージ・空港諸税別途)

燃油サーチャージ:13,000(※8月1日より)
※燃油サーチャージ額は2019年8月1日より有効となる額で変更になる場合があります。その場合差額徴収又は返金させて頂きます。
【2019年9月30日までのミャンマー入国は査証が免除されます】
<お一人部屋利用追加代金>25,000円〜30,000円 

<国際観光旅客税>1,000円
<現地空港諸税>5,500円
<渡航手続代行料>3240円 ※ご自身で手続をされる場合は不要です。

【利用航空会社】大韓航空
【利用予定ホテル】※下記または同等スーペリアクラス利用
 ◇ヤンゴン  スカイスター
 ◇バカン   スタインサンホテル
 ◇マンダレー エーヤワディーリバービュー
【食事】朝食4回・昼食4回・夕食4回(機内食は回数に含まれません)
【最少催行人数】8名
【募集人員】10名※増席する場合もございます。
【添乗員】同行いたします。

出発
2019年09月20日(金)

行き先
第1日目
昼頃:小松空港発、大韓航空776便にてソウルへ
 午後:仁川国際空港乗り換え
 夜 :ミャンマーのヤンゴン着 着後、ホテルへ

<ヤンゴン泊>    

第2日目
朝 空路、バカンへ
着後、世界三大仏教のひとつバガン観光へ
三千塔のパゴダ(仏舎利)群、考古学保護区オールド・バガン(アーナンダ寺院)パヤトンズ寺院、ニャゥンスーマーケット
夕食はミャンマー料理を操り人形ショー

<バガン泊>

第3日目
朝 空路、マンダレーへ
着後、マンダレーとアマラプラ観光
山全体が聖地「マンダレーヒル」、旧王宮や市街を一望できるアマラプラ宮殿、千人の僧が修行マハーガンダヨン寺院。サンダムニ・パヤー(白搭群)
<バガン泊>

第4日目
空路、ヤンゴンへ

バゴー観光
チャカワイン僧院、シュエモードパコダ、シュエターリャウン、チャイプーンパコダ

<ヤンゴン泊>

第5日目
ヤンゴン観光
ブッダの聖髪を納めているという聖地シュエダゴォン・パゴダ
※シュエダゴォン・パゴダは修復工事の為、周囲に作業用の覆いがかかっております。
巨大な涅槃仏が有名なチャウッダジー・パゴダ
町の中心にあるスーレー・パゴダ
国立博物館、ボージョーアウンサン・マーケット
空港へ
深夜 大韓航空にてソウル経由小松空港へ

第6日目
朝:仁川国際空港乗り換え
  大韓航空775便にて小松空港へ
午前:小松空港到着後、解散。






     




食事
※交通機関のスケジュールや現地の諸事情等で日程が変更となる場合がございます
※確定した宿泊地及びスケジュールは最終日程表にてご確認ください
【写真】ミャンマーのお土産を売る店員(イメージ)
【写真】得度式(イメージ)



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 





ご予約はこちら

資料請求はこちら