HOME国内旅行明智光秀築城の福知山城と本能寺の変を決意した丹波亀山城址【日帰り】
基本情報 添乗員
  明智光秀築城の福知山城と本能寺の変を決意した丹波亀山城址【日帰り】  D5AZS2
大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公「明智光秀」ゆかりの名城を訪ねます。
◆丹波亀山城
丹波亀山城は織田信長の命を受けた明智光秀によって、丹波統治の拠点として築かれた城です。「本能寺の変」の際に、光秀が出陣したのもこの城でした。山陰道の入口にあたる要衝であるため、豊臣秀吉や徳川家康にも重要拠点として活用されました。今回はこれまで見学が出来なかった天守台の上に登ることが出来ます。
◆福知山城
福知山城は、天正7年(1579)頃、明智光秀が信長の命を受けて丹波を平定した際、西国攻略に向けた最前線の拠点として、築城されました。丹波の山々に囲まれた福知山盆地の中央にあり、背後の由良川(ゆらがわ)や法川(ほうがわ)を自然の堀とし、丘陵を巧みに使った要害でした。光秀は、長引く戦乱や水害により荒廃した河原に城下町を整備し、この地を「福知山」と名付けました。また、楽市楽座を設け、由良川の治水対策に尽力するなどの善政を施し、現在の福知山市の礎を築いたことから、光秀は良君として今でも市民から慕われています。

代金
大人  22,800円  (お支払い実額 15,800円)
こども 21,800円  (お支払い実額 14,800円)

【食事条件】@昼食付(京の竹籠膳 湯豆腐付き)
※クレジットカード、コンビニ支払いの際はTポイント付与対象外です。
※webカード決済は5%還元制度対象外です。

出発
2020年10月03日(土)、2020年10月25日(日)、2020年11月08日(日)、2020年11月23日(月)

行き先
第一日目
金沢駅西口7:00―金沢西IC―徳光PA7:20―小松7:40―尼御前SA―京都東IC―井筒八つ橋本舗―京都【昼食】―本能寺跡13:20〜13:25―沓掛IC―亀岡IC―丹波亀山城址・天守台14:10〜15:00―亀岡IC―福知山IC―福知山城16:10〜17:00―福知山IC―尼御前SA―小松19:50頃―徳光PA20:10頃―金沢西IC―金沢駅西口20:30頃


食事
利用バス会社 北陸交通又はなるわ交通
GoToトラベル事業支援対象です。



※ ツアーの料金プラン等は『予約はこちら』をクリックしてご確認下さい。
 





ご予約はこちら

資料請求はこちら